小学生のための学習進学塾 [ハロウィン]

サイト内検索 by Google

/ トップ / Halloweenってどんな塾?
/ Halloweenってどんな塾?
/ 2019平常授業時間割 new!
/ 季節講習2019
/ 特別講座
/ 中学入試合格者数 new!
/ 合格体験記2018
/ 合格体験記2017
/ 合格体験記2016
/ 合格体験記2015
/ 合格体験記2014
/ 合格体験記2006〜2013
/ お父さん・お母さんの合格体験記2018
/ お父さん・お母さんの合格体験記2017
/ お父さん・お母さんの合格体験記2006〜2013
/ Halloweenの風景
/ Halloweenグッズ
/ Halloweenスタッフ紹介

/ 入塾案内
/ 体験授業/授業見学
/ 中学入試のご相談
/ リンク

/ アクセス/お問い合わせ
/ 資料請求

>戻る
Halloweenってどんな塾?


・コンセプト

 1.明るく活気のある授業で、子どもたちが楽しく学習できること。

  2.予習を自分でしっかりできるようにしていくこと。

  3.何事にも自信を持って自分で考え、判断できるようにしていくこと。

   4.先々につながる勉強法、考え方を身につけてもらうこと。   

   5.子どもに応じた勉強方法を推し進めて、入試結果につなげていくこと。

・合格数より合格率

塾を決める際に合格者数を1つの判断基準にされることがあります。ですがお考え頂きたいのです。ある子どもがある学校を志望し、その学校の合格者数を多く出している塾に通えば合格する可能性が高くなるでしょうか?その子にとって必要なことは全体で何人合格したかより、その子がいかにして合格出来るかどうかです。ですから、Halloweenでは,子どもたちが希望している学校にどれだけ合格できるかを高めていきます。その子に合った合格するための勉強法、方針をしっかり決めて具体的な対策を実行していきます。Halloweenは合格者数より”高い合格率”を目指します。この考え方は過去5年のHalloweenスタッフが担当させていただいた生徒の合格率からもご理解頂けるかと思います。

・予習型のスタイル

Halloween では予習型の学習スタイルを提唱します。予習型のメリットは、

(1)自ら考え、判断できるようになること

(2)勉強に対して能動的・積極的な姿勢が身につくこと

(3)6年生後半での伸びが大きいこと

です。ただし、定着までに時間がかかること、成績が安定しないといった欠点があるのも事実です。そこで、Halloween では、子どもの様子を見ながら適切なアドバイスをし、その子なりの勉強スタイルの確立をサポートしていきます。 

新演習テキスト準拠

Halloweenでは,新演習テキストに準拠して授業をすすめていきます。新演習テキストは自宅用学習教材としてもとても完成度の高い教材です。塾では理科社会の授業でも使用します。なお、テキスト準拠は6年1学期までとし、その後はHalloweenオリジナルのカリキュラムで入試本番に向かいます。

・担任制

Halloweenは担任制です。これは担任を決めることにより、保護者とスタッフとのやり取りを円滑に行うためです。また、面談や電話等により学習・入試に関する個々の問題点について、1つの方針にしたがってアドバイスさせていただくことが出来ます。もちろん、面談・ご相談は担任だけではなく、各教科の担当と行うことも可能です。 

・保護者面談

子どもの現状、これからの目標、ご家庭での様子、家庭学習の具体的な方法や、受験校の選定など、個々の内容についてお話をする機会として保護者面談を実施します。年に3回(7月、12月、3月)定期的に行います。もちろん、この期間外でも面談は随時お受けしています。 

・保護者会

年間に6回(2,4,6,9,11,1月で、6年生は第3水曜日、4,5年生は第3金曜日)行います。保護者会ではクラスの現状、それを受けての目標・課題、各教科について、入試動向、母親のかかわり方等をお話させていただきます。保護者会を通して、入試までの期間を長い目でとらえ、どんな点に留意して進めていくとよいかをご説明させていただくことで受験・学習に関する問題・お悩みの解消ができ、そして、私たちの授業方針に対するご理解をしていただけるようにしていきます。大切なお話をさせていただく機会ですので、ご都合をつけていただき、ぜひご参加ください。 

・生徒面談

年2回、6年生を対象に子どもたちとの面談を行います。受験校に向けてどんな家庭学習が大切か、授業の予習・復習をどのようにすべきかなどを話す一方、子どもたちからも、受験・勉強に関する相談・悩みを聞き、励ましながらその解決法をアドバイスしていきます。この面談を通して子どもたちとの距離をより縮め、今後の入試に向けてのサポート強化につなげていきます。 

マンスリーテスト

Halloweenではカリキュラム進行期間中の授業後に達成テストを行います。さらにカリキュラムが復習回のときはそれまでの1ヶ月間を通しての確認を行うマンスリーテストを行います。テストは、「何点取れたか」ではなく、「どれだけ理解し、覚えたか」のチェックに使い、日頃の勉強の目標、発奮材料にしてもらいます。特に理科社会については普段後回しになりがちな知識のまとめをするきっかけにしてもらいます。また、マンスリーテスト終了後の自習時間にやり直しを各自に行ってもらいます。これは、内容の再確認、更なる定着、やりっ放しのを防止、復習を促すきっかけをつくることなどが目的です。

・授業運営

授業は、どの教科についても原則1人の指導員が担当します。これは、その教科について1つの方針で学習を進めていき、それによって子どもたちが混乱なく一定のペースで学習していけるようにするためです。授業の進行は今までの経験から作り上げられた方法です。明るく楽しい雰囲気を保ちながら、その一方で、じっくり考えてもらうために、問題数を絞り、質の高い問題を提供していきます。これにより1問1問を大事にする習慣を身につけ、考える習慣、身につく学習を実践してもらいます。

・宿題

宿題は標準パタ−ンをベースに個々の状況に応じてアレンジして出していきます。”量より質”をモットーに、出されたものだけをしっかり自宅学習してもらいます。これは、量の多い宿題はノルマになり、こなすことが目標になりがちで、宿題本来の目的が達成されないばかりか、自分で考える習慣がつかず、勉強が受動的になると考えるためです。Halloweenでは、「宿題は自分の意思でやるもの」という考えに立ち、強制的にやらせるのではなく、予習を含めて自分で計画して実行できるようにしていきます。

 

・カリキュラムサポート(パワーアップ講座)

4年生,5年生は年5回、祝日を利用して普段のカリキュラムの中でとりわけ重要な単元についてしっかり理解するために特別の授業を実施します。参加は自由ですが、なるべく参加するようにしてください。また、6年生は、前期はカリキュラムサポート、後期はパワーアップ講座を合計年6回実施します。パワーアップ講座は、入試に必須の重要単元の実践演習です。入試に向けて、今まで以上の得点力を付けることが目的です。 

 


HALLOWEEN

©2005 Halloween