小学生のための学習進学塾 [ハロウィン]

サイト内検索 by Google

/ トップ / 合格体験記2012
/ Halloweenってどんな塾?
/ 2014平常授業時間割
/ 季節講習2014
/ 特別講座2014 new!
/ 中学入試合格者数 new!
/ 合格体験記2012
/ 合格体験記2006〜2011
/ お父さん・お母さんの合格体験記2012
/ お父さん・お母さんの合格体験記2006〜2011
/ Halloweenの風景
/ Halloweenグッズ
/ Halloweenスタッフ紹介

/ 入塾案内
/ 体験授業/授業見学
/ 中学入試のご相談
/ リンク

/ アクセス/お問い合わせ
/ 資料請求

>戻る
合格体験記2012


T.Wくん(渋谷教育学園渋谷中学 他合格)

 僕は5年生の頃にハロウィンに入塾しましたが、6年生の初めまで勉強に身が入りませんでした。そのせいで初めての合不合テストでとても悪い点数をとってしまい、とても悔しい気持ちになりました。けれど、その悔しさをバネに次の合不合テストでがんばることができ、その事をきっかけに成績も伸びていきました。

 1月受験。
 1校目の東邦大東邦は初めての受験ということもあり、緊張しましたが、合格することができました。しかし、有頂天になってしまったのか、次に受験した渋谷教育学園渋谷(帰国)は不合格でした。

 そして2月本番。
 1日は渋谷教育学園渋谷を受験しました。この日は自由が丘駅でロン先生やメガネ先生に応援されたこともあり、あまり緊張せずに受験できました。しかし、後から試験に失敗したかもしれないという思いがこみ上げ、2日に受験した第一志望校である栄光学園の試験では集中することができませんでした。

 結果は1日が合格で、2日が不合格でした。僕はこの結果がとても悔しかったので、3日の浅野、4日のサレジオ学院、5日の渋谷教育学園渋谷といった申し込んだすべての学校を受験しました。その結果はすべて合格でした。

 僕はこのような受験結果を受け、栄光学園に縁がなかったと気持ちを吹っ切ることができました。

 さて、ここで皆さんにアドバイスをしたいと思います。

 1.失敗したと思っても決して振り返らず、試験に集中する。
 2.成功したと思うのは良いが、有頂天にはならない。
 3.悔いの残らないようにする。
 4.体調管理をしっかりする。

 最後に、僕は中学受験を通じ、努力することの大切さをハロウィンで学びました。応援してくれたロン先生、メガネ先生どうもありがとうございました。



K.Sくん(浅野中学 他合格)

 ぼくは3年の秋からハロウィンに通い始めた。

 3・4年は楽しいという軽い気持ちで通っていたため、予習・復習はある程度やるという感じだった。このころから朝の勉強(朝勉)をやることに決めていたが、さぼったり、範囲の決められたテストで悪い点をとることがあったりして親に怒られていた。親には何度となく注意を受けていたが、何度言われても直せなかった。このことが自分にとって一番の欠点かもしれない。

 5年になると本格的な受験勉強が始まったが、夏休み前までは「4年かよ」と思うような勉強ぶりだった。夏休みが明けてからはようやく5年らしい勉強ペースになってきたが、それでも朝勉をさぼったばくは、親から大目玉を食らった。さすがにこのままではまずいと思うようになり、しっかり勉強するように心がけた。特に歴史については力を注いだ。

 結局親に怒られながらの受験勉強を続けていき、受験当日を迎えた。

 2月1日は開成中学を受験したが、全く歯が立たたなかった。続く2日は聖光学院を受験。手ごたえはあった。この2校はともに3日に合格発表があるため、3日に受験した浅野中学は合否がわからない状態での受験となった。なんとも落ち着かない気持ちだったが、切りかえて受験をした。

 3日の合格発表では開成中学と聖光学院はともに不合格。人生最大の悔しさを味わった。

 浅野中学は4日に発表のため、4日にどこを受けるかをロン先生に相談した。自分としては聖光学院をもう一度受けたいという気持ちがあったが、世田谷学園を受験することにし、仮に世田谷学園しか合格しなかったときには大学受験でリベンジするということになった。

 結局、浅野中学にも、世田谷学園にも合格し、浅野中学への進学を決めた。

 受験を通じて大切なことをあげると、

 1.気持ちを切りかえる
 2.あきらめることも大事
 3.相談する

 最後に、ロン先生、メガネ先生、畑中先生どうもありがとうございました。





A.Oくん(サレジオ学院中学 他合格)

 僕がハロウィンに通い始めたのは4年生の夏期講習の時でした。以前に他の塾に通っていたこともあり、ハロウィンの問題がよく解けました。しかし、僕は予習や復習を全くしなかったため、しだいに問題も解けなくなっていきました。けれども僕は後でやればいいやと思い、後回しにしてしまいました。

 テストを受けてもなかなか偏差値が上がらず、志望校を変更しました。最後に決まったのがサレジオ学院でした。

 「このままではまずい」という焦りで6年生の秋ごろから僕の気持ちに火がつきました。

 苦手意識が強かった算数は、とにかくミスをなくすように意識して見直しを徹底して、捨て問を作ることにしました。

 社理の知識はコアプラスをくり返しやることで定着させました。

 残り一ヶ月を切ると緊張で押しつぶされそうになり、不安でいっぱいでした。

 1月31日の激励会で先輩達のアドバイスを聞き、自信がつきました。何よりもロン先生、メガネ先生の手紙が一番励みになりました。

 2月1日、本命のサレジオ学院を受験しました。意外に落ち着いていましたが、試験が終わったときの感想は「落ちた」でした。

 2月2日、桐光学園を受験しました。1日のサレジオ学院が落ちたと思っていたので、絶対に受からなければという気持ちが強かったです。

 試験終了後に母からサレジオ学院合格の知らせを聞いた時は信じられませんでした。そして後で桐光学園も合格だと分かり、すごくうれしかったです。

 これから受験するみなさんへ僕からアドバイスをしたいと思います。

 その1、捨て問を作ることと見直しは必ずやること。(取れる問題をとる)
 その2、ロン式深呼吸で心を落ち着かせること。(落ち着いて問題を解く)
 その3、自分の力を信じて前に突き進むこと。(くよくよせず、前に進むこと)

 最後に僕の受験をサポートしてくださったロン先生、メガネ先生、両親、そして塾のみんな、ありがとうございました。



A.Yさん(香蘭中学 他合格)

 私は3年生の9月から塾に通い始め、4年生の10月にハロウィンに入塾しました。ハロウィンで勉強をしていく中で、6年生の夏明けごろに第一志望校を香蘭女学校に決めました。

 私は4教科の勉強をしていましたが、社会と理科が嫌いで、よい点数を取る自信もありませんでした。そのため、2教科4教科選択の学校である香蘭女学校には4教科で受験するものの、2教科で合格してしまおうと思っていました。

 冬休み頃、私はみんなに比べて勉強量が少ないのかなと思いました。そこで、算数の過去問を今までより多く解きました。これを受験日前日の1月31日まで続けたため、2月1日の試験本番に向けて大きな自信になりました。また、あせらずに試験問題に取り組み、時間通りに落ち着いて解こうという意識も持つようになりました。このことも大きな自信につながりました。

 いよいよ2月1日。自由が丘駅でロン先生、メガネ先生、加藤先生に激励され、安心を胸にして香蘭女学校に行きました。試験では、国語と社会はわりとよくできましたが、算数は例年と問題傾向がちがい、少しあせりました。しかし、ロン先生からおそわった深呼吸を何回かやり、心を落ち着かせることができました。そして最終科目の理科。ここでトラブルが発生しました。問題を一応全て終わらせ、見直しをしようとしたとき、鼻がムズッとしたので鼻をかみました。すると、白いティッシュが赤く染まっていました。結局試験終了までの7、8分間は鼻血と戦っていました。

 2月2日。香蘭女学校の合格発表。この日は母が先に合否を見に行ってくれました。その母が手で○とやるのを見たとき、うれしさや驚きが隠せず母に抱きついてしまいました。その後、軽い足取りで電車に乗り、インターネットで自分の受験番号を確認したときには合格したという実感が少しずつわいてきました。合格の資料をもらったときの顔はきっとくずれていたと思います。

 最後になりましたが、みなさんに伝えたいことがあります。

1.何があっても冷静に!!
2.脱ぎやすい服で!!
3.担当の先生を頼って!! です。

 みなさんも努力を惜しまず最後まで全力でがんばってください。




HALLOWEEN

©2005 Halloween