小学生のための学習進学塾 [ハロウィン]

サイト内検索 by Google

/ トップ / 合格体験記2017
/ Halloweenってどんな塾?
/ 2019平常授業時間割 new!
/ 季節講習2019
/ 特別講座
/ 中学入試合格者数 new!
/ 合格体験記2018
/ 合格体験記2017
/ 合格体験記2016
/ 合格体験記2015
/ 合格体験記2014
/ 合格体験記2006〜2013
/ お父さん・お母さんの合格体験記2018
/ お父さん・お母さんの合格体験記2017
/ お父さん・お母さんの合格体験記2006〜2013
/ Halloweenの風景
/ Halloweenグッズ
/ Halloweenスタッフ紹介

/ 入塾案内
/ 体験授業/授業見学
/ 中学入試のご相談
/ リンク

/ アクセス/お問い合わせ
/ 資料請求

>戻る
合格体験記2017


R.Nくん(慶應普通部 他合格)
 すごく楽しい塾だった。

 最初から最後まで、授業も友達も最高だった。だから、僕は第一志望に合格できたと思う。

 僕は新四年生として、ハロウィンに入塾した。母から勧められ、授業を体験してすぐに入った。けれど、なぜか記憶はない。その頃は、授業が楽しかっただけで、受験意識はなかった。たしか志望校は海城中だったと思う。

 五年生の時から、志望校意識を強めていき、自分のタイプからロンとメガネが勧めてくれた慶應普通部を第一志望校として勉強を進めることになった。

 その頃、算数で式を書かないくせがあったが、今振り返ると、そのくせを直さなかったら、僕は第一志望校に合格できなかったと思う。

 初めて過去問を解いたとき、なかなか点数が上がらなかったが、最後の頃は二回目解いたからだったのか、式を書く習慣が身についたからなのか、見事満点を取ることができ、うれしかった。

 時は流れ、二月一日の朝、ロン、メガネ、卒業生たちに激励され、日吉に向かった。試験では国語はできたと思ったが、それ以外の教科はボロボロの予感がした。

 そのため、不安を抱えながら二日目の学習院中等科を受けることになった。

 その日の夜。第一志望の慶應普通部の合格発表があり、結果は……見事合格! 本当に嬉しかった。

 振り返ってみると、合格できた大きな理由は知識をたくさん覚えたことだと思う。正直もう見るのもいやなくらいやったが、それが理科や社会の分野で大きな力になったと思う。また、苦手な国語は過去問を解いていくうちにコツをつかみ、さらに、「一点くらいいいや」と思ったらその時点で負けだと自分に言い聞かせて勉強したことが結果に結びついたのだと思う。

 だから、これから受験をするみなさんも知識の暗記などやれることはしっかりやり、気持ちをしっかりと入れ、落ちついて試験を受けて欲しいと思う。

 最後にロン、メガメ、ムーニー、ありがとう。そして、後輩のみなさん、頑張れ!



W.Kさん(鴎友学園女子中学 他合格)
 ハロウィンに通ってよかったこと三つ。大きく分けてですが、紹介したいと思います。

 まず一つ目、安心できる居場所になってくれたこと。

 つぎに二つ目、とても楽しく勉強を進められたこと。

 そして三つ目、これから長くつき合っていきたいと思える大切な仲間ができたこと、だと個人的には考えます。

 私はハロウィンに入る前までは通信教育で受験対策を行っていましたが、どうしても実際の先生でないと、自ら机にむかう気力はわかず、テキストのページを開いても理解が難しくてついていけませんでした。そこで知人に勧められたハロウィンで算数だけを習いはじめ、その後、四教科全てを習うことになりました。

 授業はいつもにぎやかで楽しかったですし、なによりも生徒だけで盛り上がるのではなくて、キャラが濃い先生たちと、一緒になってわいわい楽しめるのが良かったです。

 また、知識となる物事を身につけさせるために、おもしろい話を結びつけて印象づけてくれて、一石二鳥な授業でした。

 そんな授業が行われているとき、よく卒業生たちが訪れました。

 ハロウィンの居心地の良さは、卒業生が来てのんびりと中学校の話をし、卒業後も大切な場所になっていることからも良く分かります。

 さて、私は第一志望校を、迷った末に鴎友学園としました。最後の決め手は明るい校風でした。

 しかし、それまでもうひとつの候補であった女子学院の対策ばかりをしていて、問題の傾向が正反対でしたし、鴎友学園に転換した時期が、本番二ヶ月前をきった十二月頃だったので焦りました。

 先生方は、鴎友学園の問題の方が私に合っているから大丈夫だと言いましたが、一向に過去問の点数が上がらず、私の心配は消えませんでした。

 しかし、本番二週間前に出された大量の過去問を解き続け、なんとか全ての課題と追加問題を解ききって、その復習をしっかり行うことで自信をつけることができました。

 そして本番の二月一日。

 自分が想像していたほどは緊張せず、自由が丘駅で先生方に励ましてもらっても、「ああ今日か…」という気持ちでいました。「実感がないほどいつも通りに解ける」とロン先生が言っていたので、気持ちを落ちつかせて、「私が受からないのなら誰が受かるんだ!」と、今思うと恥ずかしいほどの強気で行きました。

 結果、国語と算数はいつものように解け、社会と理科は「やってしまった…」という感想で、五分五分かなと考えていました。

 その日の午後に第二志望の学校を受け、その夜その学校が受かったと分かったので、次の日の朝はのんびりと過ごしていました。

 正午になるとすぐ一人でパソコンに向かい、鴎友学園のページを開きました。画面に目をむけた瞬間、すぐに自分の番号が目にとまり、「ああ終わったんだ…」と安心感でいっぱいでした。

 受験対策と言っても、ただ勉強して学力が上がれば良いというものではないと私は思います。その間どれだけ本人の毎日を充実させるか、大切な時間となるか、ということも大事だと、私は身をもって体験しました。大切な受験前の日々を、大事に過ごしてください。



K.Sさん(鴎友学園女子中学 他合格)
 私がハロウィンに入塾したのは六年生のはじめ頃でした。

元々は大手塾の真ん中のクラスにいた私。今まで、個人塾とはどういうものか見当もつかなかったのですが、体験授業に行った時、和やかな雰囲気と、自由で気さくな塾生たちにあこがれを抱き入塾しました。

 週四ペースの授業は毎回楽しく、ついていくのはさほど難しくありませんでした。自分のペースをつかんでやる勉強は楽しいものだと気づきました。

 同じ六年生には、私の第一志望校である鴎友学園を志望する子がいました。その子は私よりも断然成績が良く、私がどんなに頑張っても追いつかない存在でした。しかし、その子に必死でくらいつき、その背中を追いかけたことで私の成績は確実に上がっていたと感じています。

 もし、私と同じような立場の人がいるなら、あきらめずその子の背中を負い続けてください。成果はきっと出るはずです。

 ここで、私の入試当時のことをお話しようと思います。

 私は二月一日の午前に鴎友学園、午後に東京農大第一を受けました。

 午前の鴎友学園で得意な国語ができず、重い気持ちを引きずり、東京農大第一でも結果が出ず、どちらも不合格でした。このことから言えることは、気持ちの切りかえがすることが大切だということです。

 二月二日は午前に共立、午後に東京農大第一を受けました。共立は出来がよく自信があったのですが、東京農大第一は苦手な算数と理科の2教科受験だったために手こずり、結果は共立が合格で、東京農大第一は不合格でした。このことから言えることは、苦手な教科でも自信を持って望むことが必要だということです。

 二月三日は鴎友学園の二次試験を受けました。一次に比べ倍率も高く、合格者の数も少ない厳しい戦いでした。しかし自分の努力を全てのこの試験で出し切ろうと一心不乱に解きました。

 二月四日は東京農大第一の三次試験。時間配分が難しい三次試験でしたが、前日鴎友学園の入試から帰って来て三次試験の過去問を三年分解き、その対策をしました。ここから言えることは、努力をおしまないということです。

 一次試験で鴎友学園に落ちた時、私は母のとなりでひたすら泣きました。悲しくて苦しくて、絶望に包まれました。だから、二月四日に鴎友学園の二次試験で合格が分かった時、夢を見ているような気分でした。

 となりで嬉し泣きする母を見ていて夢ではないと分かりました。母がこんなに泣いていて、笑っているのを見たのは初めてでした。奇跡というのはこういうことだと思いました。そのうえ東京農大第一の三次試験にも合格しました。

 今、私が鴎友学園に合格し幸せに過ごせるのは、今まで私を支えてくださった方々のおかげです。

 短い期間でしたが、楽しい授業をしてくださったロン先生、メガネ先生どうもありがとうございました。それから、お守りをくれた五年生のお母様ありがとうございました。



S.Kくん(立教池袋中学 他合格)
 僕は5年生の初めくらいからハロウィンに入りました。

 授業体験をした時、あまり乗り気ではなかったのですが、初対面なのに友達のようにやさしく接してくれるみんなや、楽しい授業だったこともあり、入塾することを決めました。

 入塾時、算数はみんなと同じレベルでついていくことができたのですが、その他の科目は全くついていけませんでした。しかし、「どうにかなるさ」と自分の苦手なところから目をそむけていました。

 そんな日々が続いていたある日、ロンとメガネから「このままだと第一志望に落ちるぞ」と言われ、さすがの僕も危機感を感じました。

 しかたなく社会の予習を一度やってみると、ぐんと社会の成績が上がり、クラスの中で1位をとれるようになり、メガネにもほめられました。予習をすることで成績が上がることが楽しくなり、算数以外も頑張れるようになりました。

 ある日、僕の運命を大きく変える出来事がありました。それは志望校の変更です。しかも変更したのは、6年の12月のことです。きっかけは毎週土曜日に解いていた大学付属校の過去問で、算数を95点取れた学校があったのです。そのとき先生に「この学校を志望校にしたらどう?」と勧められたのです。そして志望校を立教池袋中学に変更しました。

  立教池袋の過去問を全科目解いてみると、算数は95点、他も6割位は取れました。その結果をロンとメガネに見せたところ、二人から「お前はこの学校の問題に適性がある」と言われ、第一志望がゆるぎないものになりました。

 そしていよいよ受験当日の2月1日、自由が丘で先生や先輩から激励の言葉と握手をいただき、受験会場に向かいました。

 受験会場に着くまでは緊張しましたが、試験が始まり問題を解いているときは、塾で解いている状況と変わらず、気楽とまではいきませんが緊張せずに受けることができました。午後に受けた学校も同じく緊張せずに受けられました。

 2月2日、第一志望の立教池袋の受験日です。僕は不安を胸に受験会場に向かいました。試験が終わり、お母さんのところに行くと、1日に受けた2校の合格を教えてもらいました。その後、ハロウィンに行き、合格報告をして6時まで先生や塾に来ていたみんなと話をしていました。合格をもらえたことで気持ちはだいぶ楽になっていました。

 2月3日、第一志望の立教池袋の合格発表がありますが、発表の時間には学習院の試験があったため、直接合格発表を見に行くことができませんでした。学習院の試験が終わってお母さんから立教池袋に合格したことを教えてもらったときは、言葉にならないくらいうれしかったです。

 2月4日、お母さんが立教池袋に手続きに行く途中に学習院の合格発表も見に行ってくれました。結果、学習院も合格していました。

 僕は受験した4校全てに合格することができたのです。

これから受験をするみなさんにアドバイスです。
 1.覚えられないことがあったらとにかく書く
 2.過去問で問題の適性を見極める
 3.志望校に迷ったら先生に相談する
 4.ベストが出せるように体調を管理する

 最後に、ロン、メガネ、塾のみんな、お父さん、お母さん、サポートしてくれてありがとうございました。



Y.Gさん(香蘭女学校中学 他合格)
 私は、初めハロウィンではなく違う塾に通っていました。

 ハロウィンに入ったきっかけは、お友達のお母さんからの紹介でした。いい塾だと聞いていたので、一度体験してみることにしました。以前通っていた塾での成績が悪かったということもありましたが、とても楽しかったのでハロウィンに入ることにしました。

 5年生の間は、算数・理科・社会はボロボロで全然わかりませんでした。しかし、6年生になり、兄の家庭教師の先生に算数をみてもらうようにもなり、少しずつできるようになっていきました。結局理科社会はコアプラスで何とか知識を固めました。

 志望校は候補がいくつかありましたが、香蘭を第一志望にしました。理由は、家から通いやすく、校舎もきれいで、とてもいい学校だということです。(制服はいやでしたが……)

 私たちの代は、全然緊張感がなくて、私も2月1日の香蘭受験当日になってようやく合格できるのか心配になりました。ただ、香蘭で模擬試験を受けたことがあったので、そこまでは緊張しませんでした。

 試験が始まると、まわりの人たちのえんぴつやシャーペンの音が聞こえてきてあせりましたが、激励会で「あせらず、落ちついて」と言われたことを思い出し、また、「私は香蘭の過去問でだいたい合格最低点をこえていたので、大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせながら問題を解きました。その結果集中して解くことができるようになりました。

 香蘭の合格発表が2日だったため、1日の午後と2日までは受験を続けました。結果としては第一志望校の香蘭を含め、受けた学校は全て合格することができ、とてもうれしかったです。

 私は、受験をする上で落ちつくことが大切だと思うので、あせった時やパニックになってしまったときは、少しの間深呼吸をして、落ちついてから問題を解くといいと思います。

 後輩の皆さんも第一志望の学校に合格できるようにがんばってください。応援しています。




HALLOWEEN

©2005 Halloween